カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

S.Ubata

Author:S.Ubata
クリミルさんちの中の人。

世界樹の迷宮3

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

N.E.T.A.
四つ葉放送局出張所
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界樹の迷宮
 とある国に、とあるおてんばなお姫様がおりました。
 お姫様は、それはもう大層おてんばで、お城での生活が退屈で退屈で仕方なく、時折街へと抜け出しては、皆を困らせておりました。
 そんなお姫様は、ある日とうとうお城を飛びだして冒険の旅に出かけてしまいます。

 とはいえ、そこまで莫迦でも無謀でもないお姫様。
 とりあえず、お付きの近衛兵を一人連れて行くことにしました。
 将来有望な若者として、お城に仕えていた青年でしたが、こういう事にはいくらでも悪知恵の働くお姫様の手にかかればあっという間。あれよあれよと旅支度をさせられ、気が付けば船の上でした。
 もう、こうなってしまっては、そう簡単には帰れません。素直にお城へ戻ってくれるお姫様ではありませんし、帰ったところで自分もただでは済まされないかもしれないわけです。一応、こんなのでも王族なわけですし。
 それに、何だかちょっと楽しくなってきてしまった自分も居るのです。べつに、ドMなわけじゃありません、ちゅーせーしんというやつです、多分。
 眼前の大海原と、冒険の予感に目を輝かせるお姫様を見ながら、青年はひとつ決意を固めるのでした。

「私はとびっきりの冒険がしたいの!」
 お姫様はくるりと振り向いて、青年にそう宣言します。
「御意に」
 彼は苦笑半分に肯きました。

 さあ、目指すは海の都アーモロード。
 こうして、お姫様とその従者の冒険が始まります。


続きを読む
スポンサーサイト
師も走りまわる
12月ですね!

皆さんも、元気に走り回ってますか?




続きを読む
ほぼ月刊うばた新聞(
はい、また間が空きました
皆さん、お元気でしょうか
私はなぜか体が痛くて困っております

明らかに昨日電車のせいで遅刻しかけて走ったせいだね
歳かね(


続きを読む
ZERO
No music No life,No game No life.

私は、ゲームと音楽があれば割と生きていけるかもしれません。

そんな、ゲーム動画漁りに夢中になっていたPでした(



続きを読む
友達100人できないけれど
すれ違い人数はたった今、100人いきました(
続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。